月兎印

世界で愛される、月兎印スリムポット

本当にきれいですよね、手前みそですみません!
1979年に開発されて以来、なんと38年のロングランです。ロンドンからもパリからも、ニューヨークやサンフランシスコからもラブコール頂いています! うれしいです!どこで買えるんですか、とのお問合せもいっぱい頂いています。はい、ここで買えます!ご安心ください!

スリムなのにコロンとしたかわいさもあり、ノスタルジックでコンテンポラリー、性格のいいポットたちです。

歴史:
1923年の創業以来、数々の琺瑯製品を世に送り出してきたフジイが、1979年にドリップコーヒーの為に開発した月兎印 Slimpotは、アメリカやヨーロッパの小売店やカフェでも人気!今では、ステンレススティール製、コッパー(銅)製と、ドリップ用にいっそう注ぎ口を細くした製品を含めて充実のラインアップです!

Enamelware has a long and storied history in the Japanese culture since it’s introduction in 1866, having provided the durable tools and utensils for the national military and the popular standard for domestic kitchen tools, containers and surfaces. Since 1923, Fujii has been a leader in the field of Japanese enamelware, and through it’s Tsuki Usagi brand has consistently provided among the most delightful, sought after kitchenware products, most notably, the acclaimed Slimpot with its fluid, sculpted lines and it’s exceptional utility for brewing perfect pour over coffee.

月兎印スリムポットは、1979年に生まれました。珈琲の楽しみは、糸のようい細く湯を注ぎながら、暖かく立ち上る香りを鼻腔に満たし、その味わいを想像しながら、あと少しの時間を待つ、五感と想像力を刺激する儀式のようなもの。珈琲を愛する人々に使っていただけるようにと、従来のポットより注ぎ口を小さく開発されたのが琺瑯のスリムポットだったのです!

ヴィンテージのような琺瑯の味わい、そしてサードウェーブコーヒーのファン層が拡大していく中、2000年以降スリムポットもますます大きな人気を得て、海外からも熱烈なラブコールが絶えませんでした・・・そして満を持して、より細い注ぎ口とふたが落ちないステンレススティール製スリムポットを2014年に発表、2016年には銅製も揃い、ドリップコーヒーの為のスリムポット・ラインナップとなりました。

スリムポットは、プロフェッショナルなバリスタの方々にもご利用頂いています!
スリムポットは機能面の改良のみならず、美しい形をも目指してきました。琺瑯ポットのもつ親しみやすく、かつ20世紀のモダンを感じさせるボディは継承しつつ、より細い注ぎ口はドリップを容易にし、ふたが落ちないことで安心感を持ってお使い頂けます。