LANKAVA blog

  • 鈴に願いを

    #1月LANKAVA劇場お正月、初詣にお出掛けするお母さんと女の子。お参りをすると、神社の鈴が素敵な毛糸玉に大変身。お母さんは鈴の毛糸玉で女の子にマフラーを編んでくれます。女の子とお揃いのマフラーが欲しくなった虎のぬいぐるみは、コロコロ毛糸玉と共に神社の鈴の元へ向かうのでした。 

    もっと読む
  • クリスマスプレゼント

     #12月のLANKAVA劇場  クリスマス前日、毛糸玉でクリスマスツリーを作り、飾りつけを楽しむ女の子たち。 夜になり、サンタさんがプレゼントを届けに町へ繰り出します。女の子たちの部屋を訪れたサンタさんは素敵な毛糸玉のツリーに感激。自分の髭を糸にして靴下を編みはじめます。  いつの間にか寝てしまうサンタさん。その様子を見たジンジャーブレッドマンたちは素敵なサプライズを思いつきます。

    もっと読む
  • ころころどんぐり毛糸玉

    #11月LANKAVA劇場 森へ出掛け、どんぐりの木を見つけた男の子。嬉しくて落ちてきたどんぐりを拾い集めます。 両手に抱え持ち帰ろうとしますが、家に着く前にポロポロポロ。気付くと全部なくなっていました。 悲しむ男の子の元にお姉ちゃんがやって来て、「またどんぐりを拾いに行こう」と誘います。 森に着き、再びどんぐりを拾い集める男の子。すると、どんぐりの木からコロコロ毛糸玉が。お姉ちゃんは木の枝を使い、どんぐりの毛糸玉でどんぐりが入るかばんを編んでくれるのでした。

    もっと読む
  • ハロウィンの魔法

    #10月LANKAVA劇場 ハロウィンの日、たくさんの子どもたちがおじいさんの家を訪ねます。その中でひとり、仮装をしていない女の子の姿が…。女の子に気付いたおじいさんは、自分の帽子をほどき、魔女の帽子を編んでプレゼントします。 女の子は大喜び。  家に帰ってお母さんにお話しをすると、一緒に編み物をしてみようと提案され、女の子は初めての編み物に挑戦します。お母さんに教わりながら少しずつ少しずつ形になっていくかぼちゃの形のかご。 完成し嬉しくなったふたりはかごに飛び乗って、おじいさんにおやつを届けに行きます。 

    もっと読む