LAGOMな暮らし方

  • スウェーデンのちょっとステキな習慣「FIKAフィーカ」をあなたの日常に

    FIKAフィーカとはFIKAフィーカとはお茶時間やコーヒー休憩を意味します。スウェーデンを訪問すると頻繁に耳にする言葉です。コーヒーと一緒に甘いお菓子やパンをつまんで談笑したり、1人時間を楽しむようなイメージで使います。コーヒーはスウェーデン語でKAFFIカッフィ。上下ひっくり返えしFFI+KAフィッカ、フィカ、フィーカ・・・これがFIKAフィーカの語源と言われています、面白いですね。ちなみに北欧の1人当たりのコーヒー消費量が世界でもトップクラスだということはご存じでしたか?2022年統計では上位5位以内に北欧勢が3カ国も占めています。このことから北欧とコーヒーが暮らしに根付いていることがわかると思います。スウェーデンで友人と会うときは必ずフィーカします。街に繰り出せばカフェでフィーカを楽しんでいる老若男女、公園のベンチでコーヒー片手に子どもを見守るパパママを見ることができるかも知れません。 世界の一人当たりコーヒー消費量/全日本コーヒー協会ホームページ「統計資料」よりhttps://coffee.ajca.or.jp/data スウェーデンで体験した3つのFIKAフィーカ・森でFIKAフィーカ北欧を旅する時ここぞとばかりに予定を詰め込んでしまいます。この時もスウェーデンをもっと知りたいと相当欲張りなスケジュールで挑みました。友人と会う約束をしていましたが、小間切れの時間の夕方にお茶をする程度しかありませんでした。その時友人に「OK、お茶しましょう」と連れられたのが、森だったのです。街中のカフェに行くものだと思い込んでいましたので、車のトランクからピクニックセットが出てきたときは、同行した友人と顔を見合わせて驚きました。「スウェーデンを知りたいのなら森に行かなくてどうするの?これが私たちの暮らしですよ」と、話を聞きながら池のほとりの切り株に腰かけてフィーカしました。北欧の夏は、夜の9時を過ぎても明るく、太陽は時間をかけゆっくり沈みます。湿り気を帯びた森の匂いを感じながらいつまでも続くオレンジ色の空を眺め、無言でコーヒーを飲んだことは大切な思い出です。スウェーデン流の暮らしの楽しみ方に一歩近づいた瞬間だったかもしれません。 ・オフィスのFIKAフィーカスウェーデンでは会社でもフィーカすることは事前に調べて知っていました。日本の企業でもよくあるスタイルの「アレ」だろうと想像をしていました。 大抵のスウェーデン企業は午前と午後に一回ずつフィーカ時間が設けられ、これにランチタイムも加わります。それでいて残業はほぼ皆無で、仕事が終わればさっさと家に帰宅すると言うではありませんか。日本人からすると「そんなに休むの?」と思ってしまうかも知れません。しかし企業でフィーカすることはエビデンスを基に行われています。人間の脳は継続的に作業をするより、適度に休息を挟むことで効率が上がり、疲れにくくなることは様々な研究でも証明されています。フィーカが効率的な働き方に役に立つことは理解できました。終業時間が短く真っすぐに帰宅するような文化で、同僚とのコミュニケーションは円滑なのか?と疑問に思い、日本の”飲みにケーション”について話しました。 「仕事のためなのにどうして終業時間内にしないのですか?コミュニケーションならFIKAすればいいじゃない?」と目を丸くして不思議がられたことは今でも笑い話です。フィーカは効率化とコミュニケーションの二つの利点によって企業でも積極的に取り入れられています。余談ですが、地方議員の政党が集まる機関でもインタビューしたことがあります。そこのフィーカルームが政党を超えてみんながあつまり話をする場になっている事に、スウェーデン社会の成熟さを感じました。 ・はじめましてのあいさつ代わりに北欧取材でお宅訪問する際、はじめましてでもフィーカに誘われます。「Ska vi fika?(スカ ヴィ フィーカ)」お茶にしない?と気軽な感じでフィーカします。特別に準備されたおもてなしではありません。コーヒーと甘いおやつ、時には手作りのスイーツが並ぶこともありますが、スウェーデン人の日常にふらっと飛び込むような気軽さです。1日に何件も訪問する場合は、つい人懐こさが嬉しくて初めから飛ばしてしまうと後々お腹がタプタプになり厳しいフィーカになってしまうのでセーブするよう気を付けています。初めての訪問先はお互い緊張しがちですが、フィーカを挟むとまるで昔からの知り合いのようにゆったりとした時間を過ごせるから不思議です。こんな時フィーカには、リラックスし互いをよく知るコミュニケーションツールの役目が強いと感じます。 日本でもやってみよう!スウェーデン流FIKAフィーカタイムの過ごし方 ストックホルム郊外に住む知人の家のベランダで、ゆっくり沈む夏の夕日を見ながらフィーカを楽しんだ時のことです。家でフィーカする時間は、せわしなく過ぎる日常の中で自分を振り返る時間になると彼女は言いました。黄昏時のベランダフィーカはあまりにもここちよく、彼女と話を終えた後も1人、色々な思いを馳せながら夕日をぼんやり眺めてすごしました。 いきなり毎日フィーカする!と意気込んでも日本の暮らしに合わないかも知れません。まずは、行動することから始めるのはいかがでしょう。どんなに忙しい人でも、1週間の中で30分の時間を捻出することは可能だと思います。無理に”北欧らしく”する必要はありません。お気に入りのカップ&ソーサーを用意し、自分のためにコーヒーを淹れます。手触りのよいふかふかのクッションとサイドテーブルにはキャンドルを灯し、甘いおやつを頬張れば”ちょっとよい時間”になるのではないでしょうか。初めはただコーヒーを飲むだけになるかもしれませんが、なんとなく習慣になる頃には、あなたにとって自分を満たす大切な時間になると思います。こなれてきたら外に繰りだし、こだわりのカフェを見つけたり、公園でフィーカしたり、そんな時間を誰かと共有したり…  単なるコーヒーブレイクではなく、思考の整理の時間やリフレッシュ、友人や同僚と過ごす時にはコミュニケーションアップにもなるフィーカ。まずは自分から、そしてその周りからスウェーデン流FIKAフィーカを浸透させてはいかがでしょうか。

    もっと読む
  • 【LAGOMな暮らし方】ブログがはじまります!

    はじめまして。収納専門のインテリアコーディネーター・北欧ライフスタイル研究家の新倉暁子(ニイクラアキコ)です。この度Living Naviで執筆させていただくことになりました!どうぞよろしくお願いします。自己紹介・なぜ北欧ライフスタイルなのか収納専門のインテリアコーディネーターがなぜ北欧ライフスタイル研究家を名乗っているのか?そのきっかけは、はじめて北欧を訪れた2016年まで遡ります。住空間の視察目的で北欧を訪れる機会に恵まれました。訪問先はどれも期待を裏切らず、北欧プロダクトに囲まれたうっとりするお宅ばかりでした。ステキなインテリアに囲まれて暮らす中学生の女の子に「あなたの家、本当にステキなインテリアね!」と声をかけました。私はその時の彼女の返答が忘れられません。「ステキなインテリアは大事ではない、それよりそこに集まる人が好きだからインテリアを整えているのよ」彼女が放ったシンプルながら本質を表す言葉にハッと気づかされました。住空間のプランニングをする際も「なぜそうしたいのか」「暮らしがどうなったら幸せを感じるのか」としっかり思いや背景を伺ってからモノを整えていくようにしています。北欧でインタビューした少女は中学生ながらもそのことを自然に身に着けていました。北欧の人たちは暮らしの中で自然に「自分がどうしたいのか」考え、そして自分を満たすことが日本人より上手なのかも知れないと思い、現在北欧のライフスタイルを研究しています。そこで、このブログでは北欧で感じた「あっこれいい」を日本の暮らしに合わせてご紹介させていただきます。北欧で出会ったモノやコトからちょうどよい暮らしのヒントをお伝えする【LAGOMな暮らし方】ブログスタートです!LAGOMとはどういう意味?LAGOMはスウェーデン語です。ラゴム・ラーコムとカタカナ表記できます。日本語に直訳すると「ちょうどよい・ほどよいあんばい・ほどほど」を意味します。北欧で出会ったLAGOMな考え方お宅訪問をする際、程よく力が抜けたおもてなしに、まるで友達の家に招かれたようなここちよさを感じます。例えば日本で見ず知らずのお客様を招待する時、数日前から必死に片づけて掃除をし、ちょっと気取ったお茶菓子を用意し完璧な状態で招き入れようと考える方は少なくはないと思います。住空間の仕事をしている私も、例にもれずここぞとばかりに必死になるでしょう。しかし北欧のお宅訪問ではありのままを見せてくれるお宅が多いです。ステキなキッチンを見せてくれたSさん。とても気さくにキッチンの隅々まで見せていただいた時です、少しぐちゃっとなった引き出しを開け「これが私のLAGOMなの」と笑って見せてくれました。Dさんだってそう、うっとりするようなリビングにあるキャビネットを開けた際、子どものクレヨン、画用紙、工作用の空き箱が今にも雪崩を起こしそうな様子に「こういう場所も必要だよね、これがLAGOMだよ」と。また訪問時にはコーヒータイムをご一緒することが多いのですが、添えられたお菓子も、手作りのケーキからスーパーで買ったクッキーや板チョコをその場で開けるなど、人それぞれ違ったLAGOMなスタイルで招き入れてくれます。手放すとLAGOM(ちょうどよい)が見えてくる北欧へ行くたびに完璧でなくてよいことを学びます。忙しく過ぎていく日常で、完璧を望んでいたら苦しくなりませんか?その完璧は誰のためなのでしょうか。それより「自分」と向き合って「自分」を満たすことから始めてみましょう。”ちょうどよい”は人によってそれぞれ違います。あなたの”ちょうどよい”はどんなものでしょう。暮らしは誰かが決めた基準で生活するのではなく、自分で暮らし方を決めると毎日がとても楽ちんになると思っています。北欧の暮らし方からLAGOMを紐解くと、自分を満たすためのシンプルな考え方だと思います。忙しい日常で思考がこんがらがったら、ぜひ立ち止まり”私にちょうどよい暮らし”についてじっくり向き合って欲しいです。遠回りなようでそれがここちよい暮らしの近道なのですから。

    もっと読む
  • 北欧マインドに出会うスウェーデンのクリスマス

    予備知識もない中、はじめて訪れた北欧はクリスマスが始まる11月末でした。冬の北欧に戦々恐々としていましたが、その時体験したエピソードをお伝えします。極寒を生き抜く北欧のポジティブシンキングスウェーデンのストックホルムには、中世の雰囲気がのこる旧市街地のガムラスタンがあります。ガムラスタンにある広場では、毎年クリスマスマーケットでにぎわいます。そこを訪れた時のことです。朝から降り続いた雨がとうとう雪に変わり、たまらず寒さをしのぐため、目についたお店に飛び込みました。あいさつ代わりに「寒いです、雪が降ってきましたよ!」とネガティブな意味で店主に話しかけました。すると店主から「それは、よかったです」と思わず聞き返してしまうような返事が返ってきました。私が驚いていると、続けて店主は、「月の光や窓からの照明が積もった雪に反射してキラキラするでしょ、夜道が明るくて美しいですよね。」と笑顔で話してくれました。雪、寒い、べちゃべちゃ、交通マヒ…嫌なものと思い込んでいた私には衝撃でした。それから東京でも雪が降る度に必ずそのことを思い出すようになりました。その言葉の通り、真っ白な雪が降り積もった石畳は、お店の窓からこぼれる電飾の灯りが反射してガムラスタンのクリスマスマーケットをより一層魅力的に見せていました。北欧では長く続く暗くて寒い時期を少しでもここちよく過ごすための工夫が暮らしの中に垣間見れます。このようなポジティブな変換が幸福度に繋がっているのではないかと思っています。北欧(スウェーデン)のクリスマスはどんなことするの?・クリスマスを待ちわびるアドベント12月25日の4週間前からクリスマスシーズンが始まります。2022年は11月27日からすでにクリスマスシーズンが始まり準備を楽しんでいます。4本のキャンドルを1週間ごとに灯をともします。このキャンドルのことをアドベントキャンドルと呼びます。1週目の第1アドベントを皮切りに、街中がクリスマスデコレーションに彩られます。ホテルやデパートのショーウインドウやスーパーにもクリスマス用品が並びにぎやかになります。子どもも大人も、クリスマスを迎える準備をしながらいまかいまかと待ちわびながら4週間を過ごします。・クリスマスだから食べる特別なお菓子とルシア祭クリスマスシーズンに用意する特別なお菓子と言えば、サフランで色付けされ両端は渦巻き形状したルッセカットという名のパンです。12月13日(旧暦では冬至)には光の聖人を祝うお祭りとしてルシア祭が催され、このパンを食べる習慣があります。12月13日の朝には、子どもたちがルシア祭の白いガウンとキャンドルを立てた王冠を付け、「サンタ・ルシア」を歌いながらルッカセットとコーヒーを両親の寝室へ運ぶ習わしがあります。ちなみに現在は頭につけるキャンドルは電子キャンドルが主流だとか。この日は街や教会でも、子ども達が白いガウンをまとい歌を歌いながら可愛らしく行進する様子を見ることができるかもしれません。・やさしさであふれるお家のクリスマスデコレーションクリスマスシーズンになるとスウェーデンでは星型の照明を街の通りや店のショーウインドウへ飾ります。個人宅でも例外ではなく皆、窓際に星形の照明とアドベントキャンドル、もみの木のフラワーアレンジメントを見ることができます。また、スウェーデンのクリスマスでは外せない「ユールトムテ」を部屋のあちらこちらに愛嬌よく飾ります。赤いとんがり帽子をかぶった妖精は、寝静まったころ働いてくれたり、困った時に助けてくれると信じられています。どの家庭もクリスマスは特別な行事として窓辺をデコレーションします。このデコレーションですが、窓の外から見て美しく見えるように飾られていると伺いました。暗い冬の夜道、光に気づきふと窓を見ると、そこには幸せな暮らしを連想する風景がある。冬の家路を急ぐ人々が少しでもほっと安らぐように。窓辺を美しく飾ることは、道行く人へのやさしさのおすそわけだとスウェーデン人の友人は話してくれました。・北欧ではクリスマスもサステイナブル?!サステイナブル先進国といわれる、スウェーデンのクリスマスはどうでしょうか。クリスマスマーケットで売られるもみの木ツリーもオーガニック認定を受けたものを選んでいるそうです。数年前に訪問したクリスマスマーケットでオーガニック認定を受けたもみの木やリースの山に、これもオーガニックなんだ!と驚きました。なんでも日本で主流のプラスティックツリーには使用反対運動もあるとか・・・生もみの木が主流でない日本では、同じように取り入れることは難しいですが、例えばフードロスの観点で、家族が食べられる量だけ厳選してお祝いの料理を用意することならできそうですね。私も今年は気にかけて家族でクリスマスをお祝いしたいです。まとめ一年で一番昼が短い時期ですが、スウェーデンのクリスマスからあたたかな灯りと知恵からうまれた温もりに満たされました。今年も素敵なクリスマスになりますように…ー-------------------新倉 暁子 (ニイクラ アキコ)

    もっと読む